ブログ運用

読者を120%満足させるためのブログ記事構成テンプレート

  • 書きたいことはあるけれど、満足のいく文章にならない。
  • どうしても、もやっとした文章になってしまう。
  • キーワードを意識しすぎて何が正解かわからなくなってきた。

ブログを書いていると上記のような悩みがでてきます。

その原因はゴールや方向性を決めずに、記事を書いてしまっているからです。

もしも読者が知りたい事が手に取るようにわかり、共感を得るためのステップがわかっていたとしたら楽チンですよね。

そこで当記事では、読者(検索ユーザー)の知りたい事を分析し、それらを目次に落とし込み、検索上位を達成するブログ記事構成ノウハウ・テンプレートについてお伝えしたいと思います。

質の高い記事を書くために非常に重要なポイントですので、是非最後までご覧になる事をおすすめします。

記事構成を考えてからブログを作成すべき理由とは

もしあなたがブログで「1万PV以上を達成したい」、「検索上位を目指したい。」と思うのであれば、ブログを書く前に記事構成をしっかりと練り上げる工程が重要になります。

ブログの記事構成とはどんなもの?

ブログの記事構成とは、簡単にいえば”目次”です。

記事構成サンプル

綺麗な文章を書こう、説得力のある文章を書こう。と考える前に、記事の全体像を考える事が大切です。話が飛躍していたり、主観的で合ったりすれば、どれほど文章力がある、語彙力がある人でも説得力のある文章にすることはできません。

バズる記事、検索上位を達成する高品質な記事になるかどうかは、記事を書く前のストーリー作り、記事構成が超重要であるということです。

構成を練らずにブログの文章を書いた場合の失敗典型例

どれほど経験のある人でも記事構成を事前に練らずに記事を書いてしまえば、以下のような失敗をしてしまうことは良くあります。以下の2つの例を見比べてみましょう。

記事構成を考えてから作成した例 記事構成を考えずに作成した例
1.ブログ記事構成が必要な理由

2.ブログ記事構成の作り方5STEP

3.ブログ記事構成テンプレート6種

1.キーワードの設定方法

2.ブログ記事構成の作り方

3.ブログ記事の書き方

右の記事構成ストーリーのどこが駄目なのかあなたはわかるでしょうか?

「キーワードを意識しなければ、アクセスは伸びない。」、「構成が出来ても、ライティングが出来なければ、良い記事にならない。」はアクセスを増やすためには必要な知識です。

しかし、読者の悩みは「満足いくブログ記事が作れない」、「誰もが納得する理論展開のコツを教えて欲しい」というものであり、上記の知識は「今の悩みを解決して初めて生まれる次の課題」です。

高品質な記事とは「今、読者が必要としている情報に特化」した記事です。

読者を120%満足させるブログ記事構成案の作り方

論点をずらさず、記事のボリュームを増やし、読者(検索ユーザー)を120%満足させる記事ストーリーの作り方について解説します。

そこまで難しくはありません。

記事を作る前に、読者(検索ユーザー)の検索心理を箇条書きにしてみましょう。

  1. 記事構成ってそもそも何なの?
  2. 記事構成を作らないとどういう失敗をしがちなの?
  3. 記事構成の作り方の手順とコツを教えてよ。参考にするから。
  4. 記事構成テンプレート・見本を見せてよ。参考にするから。

できるだけ簡単な言葉でずばり書きましょう。言葉で言うのは簡単ですが、簡単な言葉で簡潔にまとめると言うのは意外と難しいです。

それができれば、読んだ後の読者にどういった感想を持ってもらいたいのかも想像してみましょう。

  1. いきなりブログ記事を書くことは駄目だと思った。
  2. 失敗例をみて、いくつか当てはまって納得した。
  3. 記事構成の作り方の参考になった。真似してみようと思う。
  4. 実際に記事構成を作る際に必ず見たいのでブックマークしておこう。

後は、目次を作り、それを体現するストーリーになっているかを確認し、加筆、削除の繰り返しです。満足いくストーリーになるまで章構成を練り上げましょう。

ブログ記事構成案の作り方のコツ

上記のような検索ニーズを正確に把握することは難しいです。そこでキーワードプランナーを使いましょう。

以下の表は、私がこの記事を作成する前にキーワードを調べ、まとめたものです。

記事 構成 とは アフィリエイト ブログ 構成
記事 構成案 ブログ 文章 構成
ブログ 構成 書き方 ブログ 記事 構成 テンプレート
アフィリエイト 記事 構成 ブログ 記事の構成
記事 構成案 記事 構成 例

上記のように、しっかりと調べれば、1つのテーマに関連する同一ニーズワードはボロボロと出てきます。

上記のキーワードを並べてみましょう。

1.記事構成とは?
1.1 記事を書く前に構成案を考えることの重要性
1.2 記事構成の2つのコツ
2.ブログ記事構成案の書き方
2.1 ブログ文章の3つの構成
2.2 ブログ記事構成例
3.バズるブログ記事構成テンプレート

これだけでも目次が完成しますよね。実際に私はこの通りに作成してはいませんが、周辺キーワードをしっかりと調べれば、それを並べて肉付けするだけでもそれなりの目次、ストーリーが出来上がります。

ブログ記事全体構成テンプレート【3手順】

ではここからはブログ記事構成ノウハウについてお伝えします。

まずは全体像です。ブログ記事は大きく以下の3つのパーツで構成されます。

それぞれみていきましょう。

トップパーツ:読者の興味を引く部分

トップパーツとは、記事タイトルからh2タグ(本文に入るまで)を使うまでの9行程度の文章です。

ブログは起承転結構成はNGです。なぜなら最後まで読まなければわからない文章では、WEBユーザーに最後まで読んでもらえないからです。

読者は10秒程度でこの記事が自分の求める情報が書いているかどうかを考えます。読者に「この記事は自分が知りたいことは書いていないな」と思われないように、以下の要素を盛り込むようにしましょう。

要素             例
検索ユーザーが共感できるテキスト 記事が上手くかけない。1つの記事でどこまで書けばいいかわからない。頭で描いていることを表現できない。ということはありませんか?
その悩みに対する問題点を指摘 それは記事構成をしっかりと考えていないからです。ゴールを設定せずに記事を書いてしまうと綺麗な文章はかけません。
解決策の提示 この記事では、検索上位を達成するための記事を作るための構成ノウハウについてお伝えしています。

まずユーザー視点に立って、どのような悩みを抱えているのか、あるいは、こういうことを知りたいと思っていませんか?というフックを作り、この記事にどのような内容が書かれているかを簡単にまとめ、この記事を読むことで得られるベネフィットを提示しましょう。

ミドルパーツ:記事の価値を決める部分

記事の価値を決めるこの部分ですが、記事の種類によって構成は変わります。

詳しくは3章で解説しているので、さらりとした説明で済ませますが、以下のように、簡単な言葉で会話形式で、読者の悩みが解決、興味が高まっていくような構成を考えましょう。

1.なぜブログを書く前に記事構成をしなくちゃいけないの?

1.1 1記事1テーマというけれど、それがわからないんですけど。

1.2 記事の検索意図をどうやって調べればいいの?

1.3 キーワード調査と目次の落とし込み方の例をみせて。

2.ブログ記事構成の見本をおしえて

2.1 ブログ記事の構成は3つのパーツだよ

2.2 それぞれのパーツの作り方を教えるね。

3.ブログ記事構成力を高めるために重要なこと

4.まとめ

私の場合は、記事を書く前の目次は上記のような口語表現を使い、文章を書いた後で、キャッチコピーするようにしています。そうした方が、ブログ執筆の過程で論点がぶれたり、主張がずれたりすることがなくなるので、文章を書く前の段階では、自分が記事を上手に書くためのガイドラインとして目次を活用することをおすすめします。

ボトムパーツ:アフィリエイト記事構成で必要不可欠な部分

ボトムパーツはまとめになるわけですが、次なる疑問・アクションにつながるものでないといけません。「この記事ではここまでわかりました。ではこれは?」とか「それを解決するならこのサービス・製品がおすすめだよ」など、具体的なソリューションを提示するようにしましょう。

記事を読んで満足したユーザーに対して、どういうアクションを起こして欲しいのか?が明確なボトムになるように心がける事が重要です。

【目的別】ブログ記事構成テンプレート【4例】

検索ワードのカテゴリは大きく「知りたいワード」・「手順ワード」・「解決ワード」の4種類に分ける事が出来ます。

検索上位を達成するブログ記事の文章構成:4例

新しい言葉を知ったり、どこかで見かけた言葉に興味を持てば詳しく知るためにググリますよね。その種類としては大きく3つです。

とは・定義記事 体験談記事 網羅系記事
1.○○とは? 1.○○を使った感想 1、○○の要素
1.1 ○○の定義・語源 1.1 ○○の効果 1.1 方法1
1.2 ○○の目的・意義 1.2 ○○との違い 1.2 方法2
2.○○活用事例 1.3 類似商品 2.方法別おすすめ紹介
2.1 上手くいったケース 2.○○のメリット 2.1 方法1に対するおすすめ
2.2 失敗したケース 2.1 ○○の特徴 2.2 方法2に対するおすすめ
3.○○を活用する方法 2.2 ○○の違い
3.1 ○○の注意点 3.○○総評
3.2 ○○運用のポイント 3.1 ○○に向いている人
3.3 ○○運用ノウハウ 3.2 ○○に向いていない人
まとめ まとめ まとめ

①:とは・定義系記事

○○とは?定義、意味というキーワードを狙う場合には、論文、有名人の名言、数値データを引用し、権威性を出すようにしましょう。構成としては、定義、メリット・デメリット、活用例、注意点、運用方法など、全体の流れがわかるものが望ましいです。

ただ内容が薄くなるので、それぞれを解説した内部リンクを作成するようにしましょう。基本的にはビッグ、ミドルワードを狙う記事なので初心者にはおすすめしません。

②:体験談系記事

使ってみた、やってみた。系の記事ですね。これを検索するユーザーはリアルな情報を求めています。なので、悪いこともガンガン書いて、これはマーケティングではないリアルな声だ。と感じられる構成が望ましいです。

そのためには、他の商品やコストパフォーマンスとの比較をすることが重要です。また他の人の書いた体験談を引用して、こういう人には向いていて、こういう人にはおすすめしません。という適正を前面に出せば、信頼性はグッと増します。

③:網羅系記事

わかりやすい例でダイエットで考えると【食事を減らす】・【運動をする】などの様々なアプローチがあり、その方法を網羅した記事のことです。ユーザーはダイエットに関して、どんな方法があって、この記事をみれば、全ての方法の中から自分にあった方法を選べると言うわけですね。

まとめが定義から解決までを提示する縦のまとめとしたら、網羅系は横のまとめというわけです。

あらゆる方法を網羅して、漏れがないようにする事が重要です。

④:手順・コツに関連する記事の構成テンプレート

「○○のやり方・方法・手順」というキーワードの場合は単純です。

いかに工程を細かく分解し、画像を使い、知識がなくても悩まずできるかどうかだけです。可能な限り専門用語は使わず、小学生でもわかる言葉で表現しましょう。

構成としては、非常にCV(自社製品購入やアフィリエイト)に近いワードです。なぜなら、具体的な作業です。そこで気になるのは、作業ノウハウじゃなくて質もです。

  • ハイクオリティでやるには、どのようなスキル・知識が要るのか?
  • 独力でやるには、どのくらい時間がかかるのか?
  • 外注・サービスを購入したらいくらくらいなのか?

「買ったほうが社員にやらせるより安い」、「このくらいの値段であればお得だ」と感じるストーリー作りをしましょう。

1.○○のやり方
1.1 ○○を設定しよう
1.2 ○○の設定手順
2.○○をするために重要なこと
2.1 ○○だけでない他のポイント
2.2 ○○する上での問題点
3.コストパフォーマンスを考えよう
4.○○におけるおすすめサービス・製品

まとめ

「プレゼン力がある人」、「説明が得意な人」、「教え上手な人」

上記の人はまず頭の中で、どういうストーリーであれば、相手が納得するか、賛同するかをまず考えます。そして、相手の知識・語彙力のレベルを考え、それにあった言葉を使い分けます。

それが訓練によって瞬時に思考出来るまで鍛えられているので、傍目から見れば凄い人に見えますが、誰よりも準備をして、コミュニケーションに望んだ結果に過ぎません。

それはブログでも同じです。

文章を書く前に、どういう話の順序で、どういった例を出して、どういった未来を想像させ、どういった知識を与え、どういった危機感を感じてもらい、それをどう表現するのか?

それらの構成をじっくりと考えるようにしましょう。書きだす前にどれくらい準備したかで記事のクオリティの8割は決まります。

-ブログ運用