wordpress カスタマイズ

WordPressとSNSの連携設定方法と覚えておきたい操作

ブログを早く成長させるにはSNSが必須で、SNSで集めたフォロワーを見込み顧客へと変えていくためには、ブログが必要不可欠です。

どちらかが優れているということはありません。WEBマーケティングにおける役割が違うからです。

WordPressで記事を投稿したら必ずtwitterやFacebookで投稿することまでを1セットにするようにしましょう。そうすることでtwitterのフォロワーの増加率は劇的に上がりますし、ブログに訪れた読者がフォロワーになってもらうことで、ブログサイトのリピーターが増えるという相乗効果が狙えます。

この記事ではWordpressとtwitterやfacebookなどとのSNSサイトの連携手順に加えて、複数のメディアを運用することによる相乗効果の出し方もお伝えしています。

WordPressとSNSサイトを連携することで得られる2つのメリット

WordPressとSNSの2刀流でコンテンツを発信していくことは、互いのメディアの長所を伸ばし、短所を埋める事が出来ます。WordpressとSNSの連携手順を説明する前に「そもそもの運用方法、どのように運用して、アクセス・収益化を加速させていくのか」を確認しましょう。

wordpressとSNSサイトを連携させることで固定の読者を作る

ブログサイトの一番のメリットは、安定的に検索エンジン経由での新規読者(見込み顧客)の獲得ですが、デメリットとして、リピーターが得られにくい、ファンを獲得しにくいというものがあります。

一方、SNSで発しんるコンテンツは情報量が薄いものの「いいね」や「フォロワー」に対する抵抗がかなりなくて、気軽にフォローしてくれます。

つまり、twitterでフォロワーを獲得し、フォロワーに向けて、新規記事投稿をツイートすることでかなりの量のリピーターを狙えます。

SNSサイトとブログを連携させることで自己のブランディングができる

SNSはタイムラインで見せたい情報を順番に見せることはできません。知識が全くない人、かなりの知識量がある人問わず、全員一律です。広告みたいな感じですね。

しかし、ブログは内部リンクを設置していくことで、「この記事を読めば次はこの記事」といったように、読者教育(購買意欲がないユーザーも購買意欲の高い見込み顧客へと変える)ができます。

WordPressで検索エンジンで新規見込み読者を獲得し、SNSでフォロワーになってもらい読者リストを獲得して、新記事やお勧め記事をレコメンド(推薦)して、顧客教育をしていく。

これがWordPressとSNSの基本的な連携戦略になります。

運用するSNSはターゲットから最適なものを選ぼう

では次にWordpressに加えて「どのようなSNSを選択すればいいか」についてもみていきます。

twitteとはてぶはジャンルを問わず必ず運用したいSNSです。

それはビジネス、プライベート、法人、個人にい関わらず使われているメディアというのもありますが、基本的にテキストベースであるからです。

媒体名ターゲット長所短所
twitter全職種・年代・目的作業量がほとんどいらない発信できる情報が少ない
はてなぶっくマーク知識欲がある人・読書好きブログ記事の紹介だけでいいバズるには高い質が必要
Facebook法人・専門知識テーマ信頼性が高いターゲットが絞られる
Instagram一般消費者・デザイン購買に直結しやすい画像がメイン
Youtube全ターゲット発信情報の質が濃い作業負荷が高い

はてぶは投稿した記事を紹介するだけで良いので作業労力は5分くらいです。はてブは誰かがブックマークすると、その通知がフォロワーにいく、ブログ界ではtwiteer並みの拡散力を持っています。twitterと使い方は一緒で、違いは、基本記事を投稿した際にしか作業がいらない、くらいでしょうか。

インスタは画像メインのブログじゃないときついです。健康、スポーツ、食品、デザインなど、見た目のインパクトが求められるので、テキストメインのジャンルは相性が悪いですね。

FacebookはテキストメインのSNSですが、WEBの名刺といわれるような感じでビジネスには向いていますが、BtoCにはあまり向きません。WEBでしかビジネスをしない方には不向きです。

youtubeは作業負荷が高いので、「wordpressで集客した顧客を動画アクセスに流す」が基本なので、どちらかというとyoutubeメインでwordpressとtwitterがサブという形になるだろうと思います。

WordPressとSNSの連携する方法【設定手順】

wordpressと各種SNSツールとの連携方法は【wordpress側で行う設定】と【SNSサイト側で行う設定】の2つをする必要があります。

WordPressとSNSの連携設定手順

WordPressとSNSアカウントの連携は管理メニューの【ユーザー】→【プロフィール】から編集する事が出来ます。

プロフィールをクリックすると下までスクロールして、SNSアカウントアドレスをペーストすればOKです。

WordPressにソーシャルボタンを設定する手順

次はSNSボタンの表示設定です。2つのやり方があります。

インストールしているテーマにソーシャル機能が設定されている場合

基本的に今のWordpressテーマには、SNSボタンは初期装備として設定されています。

プラグインをインストールしてカスタマイズすることもできますが、読み込み速度低下やバグなどのトラブルが原因になりやすいので、初心者の間はテーマにSNSボタンがあるのなら余計なプラグインはインストールしないようにしておくことが無難です。

基本的にはテーマをインストールすれば、勝手にブログ記事に以下のようなソーシャルボタンが設定されます。なのでテーマをインストールすれば、初期設定のままで放置してもOKです。

上記のように記事上部と下部にソーシャルボタンが挿入されます。

おすすめのWordpressテーマは以下の記事で紹介しています。良いテーマをインストールすれば、それだけでサイトのクオリティが簡単に高められます。

WordPressテーマのSNSボタンの詳細設定をカスタマイズする手順

表示するSNS媒体、テーマをソーシャルボタンをカスタマイズするには、管理メニューにでてくる【有効化しているテーマ名】が出てくるのでクリックします。

するとインストールしたテーマの詳細設定ができるので【SNSシェア】・【SNSフォロー】のボタンを押せば設定ページに飛びます。

テーマによってカスタムできる機能の差はありますが、表示するSNSボタンやテキストの変更は基本装備です。

記事投稿ページからSNS投稿を簡単にできる方法

WordPressで記事を更新したら、投稿記事の上部SNSボタンをクリックすれば、簡単にSNS投稿画面に移動できます。

上記のtwitterボタンを押すと以下の画面に自動で切り替わります。

記事のURLが挿入されている状態なので、1分くらいでSNSで新記事の紹介ができて楽チンです。

ブログで新記事を作成したら、「SNSで新記事の宣伝をする」というところまでを作業とするようにしましょう。

SNS側のWordpressサイトと連携させる方法も忘れずにやっておこう

上記でWordpress側の設定ですが、SNS側のWordpressと紐付け作業を忘れずにしましょう。

twitter、Facebook、はてなブックマークは、Wordpressと非常に相性が良いツールなので、Wordpressを最大化する運用ノウハウに関しては、個別の詳細記事を近日中に公開する予定をしています。

まとめ

WordPressは、新規ユーザー(見込み顧客)を獲得する最も優れたツールです。一方、SNSは、新規読者をリピーターやファンに変えていくことに向いているツールです。それぞれのメディアには長所・短所が存在し、短所を補う運用をすることが重要で、それぞれの運用ノウハウも当然変わります。

  • 新規顧客(読者)を獲得するためのブログ戦略
  • 新規顧客(読者)をリピーターに変え、顧客リストに変えるためのSNSとの連携
  • リピーターをファンに変えるSNSでのブランディング戦略

WordPressとSNSの真の意味での連携は、ただ「Wordpressでユーザーを増やす。SNSでユーザーを増やす。」といったユーザーの獲得経路の違いの話ではありません。

【サイト認知、興味の喚起、教育によるウォンツ刺激、購買への誘導】というマーケティングプロセスを意識して、それを最大化する運用が大切です。

「ブログマーケティングで重要なこと」と「SNSマーケティングで重要なこと」は全く別物です。

WordPressを最大化するためにSNSをどのような運用をすべきか、SNSを最大化するためにWordpressでどのようなページ構成にしておくべきか、考えれば考えるほど、WEB(コンテンツ)マーケティングは奥が深いです。

-wordpress カスタマイズ